米国ビザを取得して渡米する

ビザがないとダメなアメリカ行きの目的は

ビジネス、就労

アメリカへ行く際に、90日以内の観光や滞在にはビザはいりません。これは日米通商条約に基づき日本とアメリカの間で取り決めがされています。

だから90日以上の滞在となればその理由が必要になり、観光でそこまで長いのも珍しいですし、それだけ本国を離れる理由もなくてはいけません。

ましてビジネスで90日以上の滞在が見込まれる時は、米国ビザ申請を行わなくては確実に入国審査で引っかかります。いったん入国拒否をされると、後のビザ発行も難しくなりいいこともありません。

米国ビザにはさまざま種類があり、ビジネスで滞在する場合はB-1ビザもしくはB-2が必要になり、就労となればH-1B、H-2A、H-2Bビザが必要になってきます。

そしてそれぞれに与えられた条件を証明する書類の提出が求められ、はては米国ビザ発給に至ります。この際も確実な書類をそろえ、アメリカ領事館に提出した上で、面接してからになりますので、ビザ発給の必要性が出たら速やかに申請準備が必要になってきます。

 

仕事以外にも

アメリカにわたる理由は人それぞれですが、米国ビザはさまざまな要件にマッチしたビザが用意されています。

そもそもビザの意義は、アメリカ国民の治安を守るために不穏な外国人を入国させないためです。パスポートは通行証と考え、ビザは身分証明書の様なものですから、これを間違えないジャンルで申請しなくてはアメリカ行きはかないません。

ビジネス、就労の他に、観光、留学、宗教、スポーツ選手、婚約者、研修、報道、貿易、他国へ渡る通過などさまざまな理由で各ビザを割り当てられています。

全40種類以上に分かれる米国ビザにはすべて細かな申請項目が設けられ手順に沿って申請をすることが義務づけけられ、滞在期間を延長したい方も、ビザがなければ強制退去させられ、さらに不法滞在が明るみに出た場合は、次回のビザ申請がかなり難しくなるのも知っておかねばなりません。

このビザの煩雑さをなくし、多くの観光客を招き入れるために90日間の滞在はビザなしで入国が許されていますが、それでも入国審査で引っかかるようなことがあれば、入国もできません。